IMP工法を用いると熱収縮量をコントロールが可能であることから更に多くの打開策を保有しています。

ソリの制御

この様なお困りごとを解決します!

 

IMP/IMM工法によるソリ制御成形

ソリの対策は非常に難しく、成形条件での対応は限定的である。多くの成形業者は成形直後の矯正に頼っているところを見受けます。矯正は成形直後の製品が温かい段階にソリに対して力を加え矯正し、冷えたときにソリを抑える手法です。この方法は製品に応力の蓄積を招き、後変形や強度低下の原因となり避けたい対処法です。

ソリは大きく分けて3種類の要因があります。

@製品形状が悪いについては樹脂の熱収縮と大きく係わりがあり、熱収縮の大きい部位(肉厚部位)と熱収縮の少ない部位(肉薄部位)とのアンバランスにより発生します。
当社では変形解析を駆使し出来る限りの安定した形状のご提案に定評があります。また、IMP/IMM工法により編肉製品においても改善する技術で対応しています。

A金型の作りが悪いについては非常に多くの要因がありますが、一つ例を挙げますと、キャビティ内に充填した溶融樹脂の熱収縮と合せて冷却速度が製品各部位により異なることが原因の一つです。
当社では上記@と合せて収縮方向を吟味して金型温調等を工夫するノウハウの蓄積があります。
また、IMP工法を用いると「ヒケの制御」で説明した通り熱収縮量をコントロールすることが可能であることから更に多くの打開策を保有しています。

B材料を考慮した総合的な対策に誤りがあるについては多くの要因がありますが、一つ例を挙げますと、ガラス繊維強化樹脂の場合、繊維配向により熱収縮が異なることが知られています。このことは上記@Aの要因と繊維配向が複合的に関係しており対策は当然複合的になり、高い技術力がないと解決しない問題です。当社では「繊維配向制御」により多くの打開策を保有しています。

ここでは @製品形状が悪いに対する解決策の事例を紹介いたします。

編肉製品

上記写真は編肉製品(肉厚:2mm 10mm)について通常成形とIMM工法により成形した製品に対しソリ部を対面させたものです。
赤丸部位が大きく段差が出来ていることが解ります。通常成形ではソリ量が4mmであるのに対してIMM工法は0.25mmとなっており大きく改善した事例です。
編肉製品では肉厚による熱収縮の差が製品全体の剛性を壊しソリを発生させます。IMM工法により厚肉部のみ圧縮することで熱収縮を均一化させソリを劇的に改善した例です。

プラスチック部品・その他サービスのお問合わせはこちら

樹脂部品・プラスチック成形・加工はIMP工法・IMM工法のPLAMO 株式会社