IMP工法は真空ボイド制御を目的として開発した加工技術です。

繊維配向制御

この様なお困りごとを解決します!

IMM工法による繊維配向制御成形

ガラス繊維やカーボン繊維等含有の強化樹脂の場合、材料メーカーより開示されている強度が実成形品では出ないことは知られています。材料メーカーでの評価用試験片の形状が実成形品と異なっていることで仕方のないことですが、極端な強度低下を経験された方も多いと思います。この要因のとして最大のものが繊維配向層の形成にあります。
IMM工法には繊維配向層の制御も一つのメリットです。
※繊維配向層とはスキン層直下にあるスキン層と同方向に配列した繊維の層(赤矢印)と定義しました。

IMM工法による繊維配向制御成形

上図は10mm肉厚ダンベル試験片による引張り破壊断面写真を示しました。
断面が2層に形成されていることが観察されます。製品中心部の繊維配向と製品表面の繊維配向が90度異なり2層として表れています。本製品において引張り試験を行う場合、製品表面の層が引張り強度を向上させる層となり、通常成形では表面の層が約1mmと薄く、IMM工法では3mmとなっています。

引張強度測定結果

上図は引張試験を行った結果です。通常成形と比較してIMM工法が2倍の強度UPとなっております。各種成形条件や使用材料により効果は異なりますが、繊維配向を制御することにより製品強度を高める効果がございます。
また、繊維配向の制御はソリ・変形に対しても大きな効果があります。

プラスチック部品・その他サービスのお問合わせはこちら

樹脂部品・プラスチック成形・加工はIMP工法・IMM工法のPLAMO 株式会社